有名なデザインのトレース・解剖をしてみました「ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン編」

目次

ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン

グラフィックデザイン史を語る上で必ず名が上がる「ヨゼフ・ミューラー=ブロックマン氏」のデザインを解剖してみます。
デザイントレースをされています方に対して、何か少しでも気づきや実を結ぶように丁寧に細かく解説していきます。
通常の上からなぞったり再現するようなトレースというよりは、少し難しいワンランク上のトレースですので、最初は難しく感じられるかもしれませんが、デザインを読み解く目を養うことが出来ますので今回の記事だけでもお目通しよろしくお願いいたします。

ヨゼフ・ミューラー=ブロックマンは建築、デザイン、美術史をチューリッヒ大学とチューリッヒ芸術大学の両方で学んだ。1936年にグラフィックデザイン、展示デザインと写真に特化したスタジオをチューリッヒに開いた。1951年よりチューリッヒのトーンハレで開催されるコンサートのポスターデザインを手掛けた。1958年にはR.P.ロース、C.ヴェルディ、H.ノイブルクらと共にノイエ・グラフィック誌(Neue Grafik)の創刊者兼編集者となった。1966年にIBMのヨーロッパのデザイン・コンサルタントに選任された。1961年の出版物「The Graphic Artist and his Design Problems」と、1971年の「History of the Poster」及び「A History of Visual Communication」、1981年の「Grid Systems in Graphic Design: A Visual Communication Manual(和訳版:グリッドシステム グラフィックデザインのために)」の著者でもある。
作品はしばしば、スイス・スタイルの典型例として引用される。

Wikipediaより

ポスター

数多の書籍でも取り上げられる上記の有名なポスター。今回はこちらを題材に紐解いていこうと思います。
まずはこのグラフィカルで特徴的な円弧の角度から調べていきます。

角度

まずはこの特徴的な円弧の角度から調べていく。

太さ

各角度は上記の通り。
次にこの円弧の帯の太さを紐解いていきます。

わかりやすいようにグレーのボックスをおいてみると、各ボックスは前のボックスの2倍、すなわち「2のべき乗」であることがわかりました。

推察

ここでまた角度を見てみます。
円の角度、360°をこの導き出された「2,4,8,16,32」という数で割ってみると、
・11.25°
・25°
・45°
・90°
・180°

となります。

ここで造形のルールは導き出せましたが、何故このルールを用いたかを考えてみました。
通常であれば小数点が発生することを嫌い、15の倍数で作ることが予想されます。(15,30,45,60,75,90……)

ですが何故このような方程式を取り入れたのか。
ここからは推察ではありますが、このポスターが「音楽」にまつわるポスターであることが肝になっていると仮説を立てました。

仮説

音楽には「音符」という単位があり、
それらは「4拍子」を元にした時、
「四分音符(1/4)」
「八分音符(1/8)」
「十六分音符(1/16)」

といったようにこれらも「2のべき乗」で音符が区切られます。

ブロックマン氏は、この音楽理念をグラフィックへと落とし込んだのではないでしょうか。
どこかの文献で既出であったら申し訳ありませんが、私はこのようにポスターのロジックを考察しました。

経緯

今回何故このようなことをしようと思ったかというと、
現在MENTAにてメンタリングさせていただいているメンティーさまに、参考資料としてこのポスターを提案したことが始まりで、そこから自分なりに納得のいくところまで追求してみたところ、このようなことが読み取れたので、せっかくなら皆さんにもご紹介できればと思い今回書き起こしました。

また気まぐれにこのような歴史的名作と名高いグラフィックを稚拙ながら考察してみようと思います。

—————

メンタリングサービス「MENTA」にて、メンターとして日々ブラッシュアップ等行っております。
ご興味いただけましたら下記からアカウントをお作りいただけますとささやかながらクーポンが発行されますのでよろしければこちらからご登録ください。
「MENTA」ご登録はこちらから

私のメンタープランではこのようなこともブラッシュアップの一環で参考資料として解説していたりします。
現状では有難いことに、ロゴデザインのワークショッププランや、ブラッシュアッププラン、専属メンタープラン等でご好評いただいております。
メンタープランはこちらから

ご希望のプランが無い場合でも専用のプランをお作りすることもできますので是非、ご検討いただけますと幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

面白かったらシェアしてくれると嬉しいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる